病院テレビシステムとは

病院テレビシステムとは

病院テレビシステムとは、入院中の患者様にテレビや冷蔵庫などをご利用いただくためのシステムです。

入院患者様の入院生活をより快適にし、情報や娯楽をご提供するために活用されているのが、病院テレビシステムです。
入院中の生活において必需品である「テレビ」「冷蔵庫」のほか、ロック付きの「セーフティボックス」なども搭載しており、機能的かつコンパクトに設計されています。
国公立病院をはじめ多くの病院で、当協会のシステムが導入されています。

テレビ 冷蔵庫
テレビカード販売機 テレビカード

テレビカード販売機で「テレビカード」を購入することで、ベッド脇のテレビや冷蔵庫をご利用いただけます。

一般的設置物

病院テレビシステムに搭載されている基本アイテムです。
テレビ・床頭台(収納台)

病院要望によるオプション例

病院からのご要望により、下記のようなアイテムを設置することも可能です。
冷蔵庫・セーフティボックス(ロック付き)など

ビジネスモデル

ビジネスモデル

病院テレビシステム運営協会では
「レンタル契約の長期化」を奨めています

レンタル契約の終了に伴い、設置していたテレビ・床頭台などは廃棄されるケースが過半を占めます。
短期のレンタル契約では、まだ使用できるテレビ・床頭台等を廃棄することとなり、資源の無駄遣いとなります。
病院テレビシステム運営協会は、省エネ・二酸化炭素排出削減・環境保全に貢献するため、「レンタル契約の長期化」を奨めています。

▲このページの先頭へ

  • 代表理事の挨拶
  • 協会会員名簿
  • 協会定款

ホームページ作成の依頼は